キャプション小説 モバイル版 お気に入り画像登録
キャプション小説

登録 タグ *蒸気機関車 *萩野古参機関士 *二次創作 *枢軸特急トルマリン=ソジャーナー
編集を行うにはログインしてください

投稿日時
2017-01-11 00:40:28

投稿者
プロフィール画像
国家人民軍少将

このユーザのマイページへ

お気に入りユーザ登録
投稿者コメント
 萩野指導機関士と乗り込むC58の軽貨物列車。何しろ空のチキ数両と郵便荷物車一両、車掌車ポッキリなのだ。丸太の積み込みに向かう送り込みというやつだ。

 油を差すところに差し、また油壺に団子にしたよーな感じで油を満たす。油切れは機関助士として一人立ちしたばかりの頃のB6でいやというほど体験した。あの忌ま忌ましいシリンダー注油機構は厄介だったけど、その積み重ねで今がある。

 C58の運転台(キャブ)に上がり、ブレーキの緩解試験を行う。ブレーキ配管は切れてないか、接続されているか、それらをこれで確認する。ちゃんとブレーキ配管の圧力は下がり、貨車のブレーキシリンダー圧力は上がる。時計を時計を置く台に置き、加減弁の向こうの行路表板に行路表を差し込む。昼間だから、発電機は止めている。だからあの甲高い発電機の音はなく、比較的静かだ。

 発射時刻間近になり、昇圧も完了している。後は信号待ちだ。
 ガタリと前方の腕木信号機の腕が下がり、進行現示となる。そして、また駅員の合図が上がる。萩野機関士、澤戸助士そしてボクの三人で歓呼する。『貨物下り出発、進行!』








(やべえ、時計を置く台を描き忘れた)
→画像情報ページへ
最大化 | アクセス解析 | ユーザ情報

メッセージ送信
▽この画像のURL(リンクについて)▽


▽この画像のトラックバックURL▽(トラックバックについて)


情報提供